いろいろな方法がある猫のメモリアルサービス

近頃では、大切な家族の一員である猫が亡くなってしまったときに、できるだけ人間と同じように手厚く見送ってあげたいと考える方も多くなっています。そういった需要の増加に伴い、現在ではペット火葬などのメモリアルサービスを取り扱う業者も増え、いろいろな方法から希望や予算に合わせて自由に選択することができるようになりました。愛猫とのお別れはとてもつらいことですが、避けては通れないことでもあります。とはいえ、人間の場合とは違って、火葬の方法などについて相談できる相手がまだまだ少ないのが現状です。選択を間違えて後悔しないためにも、あらかじめ火葬の種類やそれぞれの特徴について学んでおき、いざお別れのときが来たらご自身や愛猫にとって最適な方法で見送ってあげましょう。

骨を返却してもらえるメモリアルサービス

人間と同じように個別のお墓に埋葬したり納骨したりしたい場合や、手元に骨を残しておきたい場合には、一任個別葬や立会い個別葬、そして自宅葬の3タイプの方法から選択することができます。一任個別葬は業者にご遺体を預けて火葬を行ってもらう方法で、業者に自宅まで迎えに来てもらえるほか、飼い主が直接ご遺体を持ち込むことも可能です。火葬後に遺骨を納骨・埋葬することになりますが、希望があれば返却してもらえます。もし、火葬に立ち会ってお骨上げをしたいのであれば、立会い個別葬を選ぶとよいです。また、業者に自宅まで出張してもらって葬儀を行う自宅葬を選べば、思い出のたくさんある自宅で葬儀を行うことも可能です。最も人間の葬儀に近い形の葬儀を行える方法でもあります。火葬は移動火葬車で行い、お骨上げをすることもできます。

リーズナブルに利用できるメモリアルサービス

大切な猫のためとはいえ、葬儀のための費用を捻出するのが困難な方も中にはいらっしゃるはずです。そういった場合には、比較的リーズナブルに火葬を行うことができる合同葬を選ぶとよいでしょう。合同葬は同時期に亡くなった他のペットと一緒に火葬してもらう方法で、遺骨は共同墓地などに納骨・埋葬されることになります。お骨上げをしたり遺骨を返却してもらったりすることはできません。他に、民間業者ではなく、自治体に火葬を依頼する方法もあります。自治体に依頼すれば一般的には数千円程度で火葬を行ってもらえます。ただし、自治体によっては動物専用炉が設けられていないこともありますので、自分の住んでいる自治体ではペットの遺体がどういった扱いをされることになるか事前に確認しておくことが大切です。