思い出をいつまでも愛猫のメモリアル

愛猫が無くなってしまったら、その悲しみは筆舌に尽くしがたいものがあるでしょう。ペットは家族も同然の存在です。今、ペットの思い出を大切に残したいと考えている方が増えています。その思いを叶えるためのメモリアルグッズがバラエティー豊富に販売されるようになっています。メモリアルグッズには大きく2つに分けることが出来るでしょう。遺骨などを自宅でシンプルに供養するためのグッズ、もう一つは遺骨や毛などを使ってグッズを作ったりアクセサリーを作る方法です。生前から愛猫の毛やひげを集めている方も多いでしょうが、それらを使ってカタチあるものを作って残そうとする方も少なくありません。ペット用の仏壇も多く市販されていますし、宗教に関係なく思い出として残す方法もたくさんあります。

猫のメモリアルグッズってどんなものがあるの?

シンプルに遺骨を自宅に持ち帰り、手元供養するやり方は広く普及しています。ペット用の仏壇は数多く販売されており、複数の遺骨が納められる仏壇もあります。可愛らしい骨壺や遺影、お花などを飾れる仏壇セットなどは人気も高く、いつも傍に感じることが出来、ペットにも寂しい思いをさせずに済むことでしょう。仏教に関係なく、ただ傍において魂を慰めたいといった人向けにも、宗教色のない素敵な骨壺やフォトスタンドのセットなどもあります。ペンダントのヘッド部分に遺骨やひげなどを詰められるようにしたものも販売されています。これでしたらいつも肌身離さず身に付けていられます。本当に様々な素敵なグッズが販売されていますので、きっとご自分にあった方法を見つけることが出来るでしょう。

遺骨や毛を使ってメモリアルグッズを作ろう

愛猫の遺骨や毛などを使って思い出のグッズを作る方法が人気を集めています。毛が残っていれば、写真とそっくりの縫いぐるみを作る方法もあります。毛などをクリスタルやガラスなどに封印して永遠に残しておく方法もあり、ペンダントなどに加工すれば常に身に付けていられる事でしょう。写真と毛を組み合わせたストラップを作っている所もあります。ペットの写真をたくさん撮っている飼い主さんも多い事でしょうが、それらをスライドショーにまとめて残すサービスもあります。写真を使ってタペストリーやクッションにする方法もあり、いつもその姿を感じていられる事でしょう。人間でもダイヤモンド葬というものがありますが、同じように遺骨をつかってダイヤモンドに加工する方法も普及してきています。ご自分の納得のいく方法で大切な思い出を残すことが出来れば良いのではないでしょうか。