愛猫のメモリアルをお探しの方必見です

愛猫ちゃんはいつも飼い主さんと一緒に生活をして、べったりというわけではないけれど、時には、じっと目を見つめ合ったり、鼻でキスをしたり、膝に乗ったりと、飼い主さんだけは特別という様子を見せてくれます。ですから余計に、長くても15~6年の命ですが、一緒に過ごした時間はかけがえのないもので、亡くなって、お墓に埋葬したとしても、飼い主さんは完全に離れるなんてありえないという気持ちになります。愛猫ちゃんのメモリアル商品はたくさん出ています。ぽっかり穴が開いたような自分の心を慰めるためにも、そして、いつもそばにいてくれた愛猫ちゃんのためにもずっと思い出せるものを用意してあげましょう。飼い主さんには、心のなかででも話しかけてもらえることが、愛猫ちゃんの望みであるはずです。

メモリアル商品にはこんなものがあります。

まずは、お部屋に置いておける写真の入れられる骨壺入れがあります。ずっとそばで供養をしてあげるのも、霊園で埋葬してあげるのも、どちらも充分な供養の形です。それから、ひげを保管しておける木の箱、小さなペンダント型の遺骨や遺灰をいれられるもの。首からさげたり、カバンに入れたりしてずっとそばにいることができます。心が落ち着くまではそういった形でそばに置いてあげるのもいいですね。また、亡くなった後にいれてあげる美しい棺もあります。それぞれ通販でも購入できますから、必要な時が近づいたら準備をするとよいでしょう。しっかり、心をこめてお見送りをしてあげましょう。そしてたくさん思い出してあげましょう。心の支えになってくれた相棒と言える存在だったその子のことを。

飼い主にとってのメモリアル商品の必要性

ペットはずっとそばにいた、かけがえのない存在だからこそ、いなくなった後はとてもさみしく気持ちがなかなか前向きにならないものです。しっかりきちんと、納得いく十分な形で見送ってあげることで、飼い主さんの心も早く落ち着いていくものです。お別れのその日が近づいたら、早目にメモリアル商品を準備して、そばに置いておくものと、少し遠くに離してしてしまうもの、を考えておきましょう。ペットちゃんの持ち物の整理もしないといけません。いつもペットちゃんに話しかけていたように遺影や遺骨ペンダントなどに話しかけているうちに時は流れ、現実を受け入れられるようになります。完全に何もかもを一度に片付けてしまうと喪失感がひどくなりますから気をつけましょう。周りの人も、気を配りましょう。